クラチャイダムの副作用

みなさんこんにちは、または初めまして。

クラチャイダムの効果・効能」のページでは、クラチャイダムを使えばどんな効果が得られるのかをまとめてみました。

けど、「効果がある」ということは少なからず「副作用もある」ということ。今回はクラチャイダムを使った場合、どんな副作用が考えられるのか、そしてどうすれば副作用を回避できるのかについてまとめてみました。

これでもう副作用なんか怖くないよ♥

クラチャイダムの正常利用での副作用

どんな素材でも、効果があるなら副作用の可能性もあり得ます。

クラチャイダムを用法・容量を守って使った場合、ごくごく稀にですが胃の不調を感じる人がいます。これはクラチャイダムが効果を発揮する際、からだの悪い成分が抵抗する為に起きる現象です。

また、「クラチャイダムの効果・効能」のページでも説明した「保温効果」により、汗をかきやすくなるという結果もあります。

しかし、そのどれらも健康被害というにはほど遠く、せいぜい少し気になる程度ですので安心してください。

これはちょっとした余談なのですが、クラチャイダムの摂取量は20代だと1400mg以上取っても意味がなく、この上限は年齢が上がるにつれて上昇していきます。年齢の取った人ほど必要量が増えていきますね。

基本的にクラチャイダムは「生姜アレルギー」の人以外は特に使っていて問題はないから安心してね。

あと、年齢の若い人はあんまりクラチャイダムはオススメできず、50代60代になっていくにつれどんどんクラチャイダムの効力が期待できるよ。

クラチャイダムを過剰摂取するとどうなる?

まず、どんな成分・素材関係なく絶対にやってはいけない行為として、「過剰摂取」があります。わかりやすく言うならメーカーが推奨する1日目安量を無視して、1度に大量に飲む行為ですね。

これは、クラチャイダムに限らずどんな成分や素材であれ例外なくNGです。その理由として、体に良い働きをする成分でも、大量に摂ると体内の成分バランスが崩れて異常をきたしたり、良いとされる効果の度が過ぎて、逆効果になってしまうからです。

で、クラチャイダムを過剰摂取した場合に起こり得る副作用として一番多いのが心拍数の急激な増加不整脈です。

この現象は2013年に豚の臨床実験において確認されています。心拍数が増加していると、心臓に負荷がかかり精神的に不安になったり、心臓が病気になりやすくなります。

含有量の多い「アルギニン」の副作用の副作用も考えられます。

詳しくは「アルギニンの副作用」のページで詳しく解説していますが、具体的には「下痢」「胃痛」などです。

また、ミネラルの「亜鉛」も含まれていますので「倦怠感」や「嘔吐」など発症する可能性があり、クラチャイダムに豊富に含まれる各成分独自の副作用が考えられるというわけです。

もちろん、特定の成分だけを大量に配合してる素材ではないので、副作用の可能性は極めて低くなりますが、「0%」ではないということは念頭においておいたほうが良いでしょう。

さて、その肝心な過剰摂取と呼ばれる量なのですが、海外の臨床実験のデータなどを探してみたのですが正確なデータを見つけられませんでしたが、参照データを見るに副作用になるには1kgは必要なようですので、そんなに気にする必要はないでしょう。

どんな成分・食べ物でも過剰摂取はダメだよ。

だけど、クラチャイダムは臨床実験を見るに過剰摂取はそうそう起きないと思うから安心して使ってね。

もし万が一クラチャイダムを服用して不安になるくらい心拍数が増加したらクエン酸を取ってみてね。

臨床実験でもクエン酸を摂取したことで心拍数が安定したという記録があるの。

「クエン酸なんてどこで売っているの?」という人もいると思うけど、スーパーなどで簡単に手に入るから安心だよ。