中国産の危険なマカ

マカの生産地と言えば「南米ペルー」ですよね?最近は日本でも数は少ないものの安定した生産ができるようになりました。

日本以外にもマカを生産している国として「中国」があるのですが、この中国産マカはちょっといわくつきらしいです。どんな問題を抱えているのでしょうか?

賄賂と密輸によって盗まれたマカ

中国と賄賂

マカは歴史的にはチベット地方で自生していましたが、それも遥か昔の話。現在ではチベットでは自生していないはずでした。

ですが少なくとも2004年頃から市場に「中国産マカ」が出回り始めたのです。

ペルー政府や一部のマカ専門店が調査をしたところ、マカ農家に熱心に足を運ぶ中国人の集団が・・・。

彼らを国境付近で尋問を行ったところ、車から大量のマカが発見。どうやらマカ農家に話を付けてマカを国外に密輸しようとしたようです。

ここで疑問になるのが、「なぜ自分たちの生活の糧であるマカをマカ農家自身が渡したのか?」ということです。

中国人バイヤーはペルーが発展途上国であること、マカ農家が決して裕福だとは言えない状況に目をつけ、通常価格より10~25倍の値で購入。同様に国境にいる警備員にも賄賂を渡してい中国へ運んでいました。

賄賂の額ですが、日本円にして10キロあたり4400円ほど。物価差は約4倍ほどなので、ペルー人には15000円程度の感覚ですね。

当然、100キロ1000キロと密輸すればそれだけ懐が潤うわけですが、それでも決して大きい額とは言えません。どれだけ密輸と賄賂が日常化しているのかがわかりますね。

当然ですが密輸は重罪。一生刑務所で暮らさないといけないほどですので、皆さんは決してマカを密輸しようとしないでくださいね。

最悪その場で射殺される事もありますから・・・。

(※余談ですが、マチュピチュの入場料は2500円と賄賂マカ5キロ分の価格。世界遺産は賄賂より高いようです。)

ちょうど中国に対するマカの不正行為のドキュメンタリー映像がありましたので、紹介しますね。(英語)

中国産マカが危険な理由

違法に持ち出されて栽培されたマカですが、実際に私たちが使用する分には問題がないのでは?そう考える人も一定数いるでしょう。

なぜ中国産のマカが危険なのでしょうか?

余りにも低品質であり、マカの市場価格とブランドを破壊する

中国製マカ

マカは元々チベット地方に自生していた植物であり、ペルーとチベット・雲南省は標高が2000m~6000mと非常に似ています

その為、ペルーから持ち帰ったマカはチベットや雲南省で栽培されているのですよ。

ですが、問題なのはその環境。ペルーは乾燥地帯であり土壌も決していいとは言えず非常に劣悪と言っていい場所です。その過酷さがマカの栄養とパワーを引き出しているのです。

一方、中国やチベット地方の環境は雨の為に湿度などが高く、栄養素も過剰に肥料として与えられています。その結果、マカが堕落してしまい十分な栄養素を吸収してくれなくなってしまうのです。

中国産マカとペルー産マカの違い

引用元:THE MACA TEAM(一部こちらで翻訳をしています)

左が中国産のマカで、右がペルー産のマカ。一目瞭然ですね。

厄介なことに、中国産のマカは品質が悪い代わりに安価です。その為、「中国産のほうが安いからこちらを使おう」と一部の会社が中国産マカを使い始めます。

利用者にはペルー産、・中国産の違いは判りませんので、「マカは効果がない」という印象を持つでしょう。

それが広がると誰もマカを買わなくなる。

その結果、マカという市場とブランドが破壊されてしまうのです。「悪貨が良貨を駆逐する」ですね。

環境汚染によりマカも汚染される

滇池の変化

環境問題は日本を始め世界中でさけばれており、先進国では様々な環境保護施策を行っています。

ですが、中国の企業は「環境保護はお金がかかる」と全く実施していません。その結果、「現代の技術や資金をフルに活用しても中国の環境は元に戻らない」というところまで来てしまいました。

その環境汚染はチベットや雲南省も同じ。

雲南省には「滇池(テンチ)」と呼ばれる大きくて綺麗な池があったのですが、現代では「中国三大汚染湖」と呼ばれるほど重金属やゴミによる汚染がひどいあり様。

チベット地方は更に悲惨。ろくに処理をしていない「放射性廃棄物」をチベットのココノール湖近くに廃棄されており、その影響が農作物や人にまで及んでいるといわれています。

「サプリにする時に危ない成分は除去されている」という業者もいるでしょうが、その除去も完全ではありません。

あまり口にはしたくないですよね・・・、

遺伝子を組み替えられている

中国は遺伝子組み換え食品(GMO)に関しては先進的です。様々な技術的特許の取得や製品を販売していますね。

実はマカも中国の手によって遺伝子が組み替えられているのです。特許の数だけで言えば7つなので、7つの遺伝子が組み替えられたマカの品種が存在します。

「害虫に強い」「栄養価が高い」などのメリットはあるものの、安全性に関してはまだまだ疑問視されています。安全性に気を配るなら食べるべきではないでしょう。

中国産マカは身近なサプリメントで使われているかも…

今の所、日本で中国産のマカを使った精力サプリメントは見当たらないですね。

ただ、全てのマカを使った精力サプリメントが「どこで生産された」のかを知ることはほぼ不可能。

だからこそ、以上に安い価格のものや、安心できない販売会社のものは使用しないほうがいいですね。たとえ販売会社が大企業だったとしても平気で危ない中国産を使うことは十分考えられます。

私としては「マカエキス」で配合しているものは少し危険かな?と考えますね。

中国産マカは環境汚染により、危ない成分が含まれています。粉末のままだと日本では販売できないのでエキスにして濃縮を行う。そうすることで国から検査される危ない成分は殆ど抜くことは可能ですからね。

もし、中国産のマカを使用している精力サプリが発見されたら、当サイトのほうで報告させていただきますね。