マカの副作用

多くのマカを取り扱っているサイトでは「マカには副作用はない」と結論付けているサイトが非常に多いです。

だけど、過剰摂取や体質などの為にマカを摂取したことによる副作用が起きるケースは存在するの。

ここではマカがどのような副作用を及ぼすのかを具体的に説明させていただきますね。

キャベツにアレルギーを持つ人はNG

マカの豆知識にて少し説明しましたが、マカはキャベツと同じ「アナブラ科」の食品です。
その為、キャベツを始めとしたアナブラ科にアレルギーを持つ人はアレルギー反応を起こす可能性が非常に高いです。

キャベツアレルギーの人は服用しないほうがいいでしょう。

基礎体温が乱れ、排卵周期がおかしくなる

これは研究結果などでは報告されていない症状ですが、様々なマカの口コミを見ていると「生理が不安定になった」「基礎体温がバラバラになって余計に妊娠しにくくなった」「生理で問題が起き始めた」等の書き込みはあります。

確かにマカは生理周期を整える効果はあります。
ですが、その効果が効きすぎる人は逆に生理周期や基礎体温がおかしくなるのではないか、と考えられます。

もし、妊活中の女性の方でこのような商事用が出た場合は服用をやめるか、効果の弱い「マカエキス」を使用しましょう。

なお、男性にはこの副作用は起こりえないので安心してください。

心拍数が急激に増加し神経質になる

この副作用は過剰摂取を行った場合に起こります。

マカは人を元気にする食品の中もも、最も効果のある野菜のひとつです。
その元気とは、体中に血液が巡り、パワーが満ち溢れている状態のことを言います。
ですが、そのパワーの元をたくさん飲んだらどうなるのでしょうか?

体の心拍数は上がり、落着きがなくなって少しのことでイライラするようになります。
この過剰摂取の副作用は何もマカだけでなく、栄養ドリンクの飲みすぎでも似たようなことが起こりえます。

「これを食べれば(飲めば)元気になる」という商品は絶対に必要量以外は摂取しないようにしましょう。

甲状腺疾患を引き起こす恐れがある

マカの最も危険な副作用は、甲状腺疾患を引き起こす恐れがあるということです。

甲状腺疾患とは、新陳代謝を促す甲状腺というのどぼとけの下にある臓器の病気全般のことを言います。
ここが病気になると、代謝活動が異常に上昇・低下します。

その結果、落着きが無くなる(やる気がなくなる)、過食(食欲不振)、下痢(便秘)などの症状が現れます。
(※カッコ内の症状は新陳代謝が減少した場合の症状です)

これはマカの成分の中にヨウ素が大量に含まれているためです。既に甲状腺疾患を患っている人はマカを摂取するのはやめておいたほうがいいでしょう。

この症状はしっかりとマカサプリの用法容量を守れば問題ないのですが、最近では悪質なマカサプリも出回っているので、本当に安全なマカサプリ以外は購入しないほうがいいでしょう。

胃のむかつき

マカサプリを服用している人の中で、最も報告の多い副作用は胃のむかつきです。
この症状は初めてマカを使う人の5~10%の人が経験します。

もしマカサプリを服用して胃がムカムカする、なんてことがあったら相性が悪いということなのでマカサプリは使わないほうがいいでしょう。

にきびができやすい

マカはホルモンの活動力を引き上げます。
その為、マカの成分が豊富なものはニキビが出来やすくなるという事例があります。

逆に言えば、マカを飲んでニキビが出始めたらしっかりと効果が出ているとも考えられますね。

万能なイメージのあるマカだけど人によってはこんな副作用が起こる可能性があるから注意してね。
特に精力サプリメントなどを使った過剰摂取だけ絶対にしちゃいけないんだからね。