ヒハツに副作用ってあるの?

血流にとっても効果のあるヒハツだけど、そんなに強い効果があるなら副作用も心配・・・。

実はヒハツに関する副作用自体は報告されてはいないですが、使用時にいくつか注意することがあります。

薬も食品も、用法容量を守って口に入れてくださいね。

ヒハツは薬の効果も強めてしまう

ヒハツの効果・効能で「ヒハツには栄養素の効果を高める」と説明しました。

実はこの効果、市販薬や病院から処方される薬でも似たような事が起きるので医師が予想しているより高い効果や副作用を起こすことがあります。

ネットでの口コミでは、「ピペリンとアルギニンを一緒に飲んだら予想以上に心臓がバクバクした」という報告もあります。

一緒に使うサプリメントはよく選んだほうがいいようですね。

なお、海外文献などを調べてみたところ以下の3つの薬とは相性が良すぎるようです。

もしこれらを服用することがありましたら一度医師と相談してみることを推奨します。

参考サイト:Medindia ~ロングペッパーの健康上の利点~(英語)

  • テオフィリン・・・喘息や気管支炎の治療に用いる薬
  • プロプラノロール・・・血圧を下げる薬
  • フェニトイン・・・てんかんのけいれん発作を予防する薬

腸内で炎症を起こす可能性がある

ヒハツに含まれるピペリンは辛く刺激物に分類されます。その為、お腹の弱い人はヒハツを服用すると腸内で軽い炎症を起こす可能性があります。

同様に、血流が改善することで、体の基礎体温が上がり余分な汗だったり風邪に似たような症状を起こすことがあります。

もっとも、この副作用はよほど敏感な人か過剰摂取状態にならない限り余り気にする必要はありません。

ヒハツは大きな副作用がない代わりに飲み合せが難しい食品なんだね。

風邪を引いたときはヒハツサプリは飲まないほうがいいね。