スッポンの養殖

スッポンの養殖について

古来より食用に使われているスッポンですが、養殖が開始されたのは明治頃からと伝えられています。

80年代にスッポンの味わいの良さや滋養強壮効果に注目が集まり、爆発的に全国各地で養殖場が増えました。現在でも長崎県や静岡県は有名なスッポンの養殖地で、現地の名産品となっています。

しかし、バブル崩壊による景気悪化が大きな原因となり、多くのスッポン養殖業者が廃業しました。

特にブームに乗って質の悪いスッポンを養殖していた悪徳業者はほとんど廃業したため、現在まで残っているスッポン養殖業者は良質な会社が多いようです

養殖のスッポンが高価な理由

スッポンの養殖は技術的には困難なものではありませんが、冬季の水温維持などで莫大な光熱費が掛かってしまうため、スッポン自体の価格は高騰してしまいます。

さらに現代のスッポン養殖では、栄養価の高いスッポンを養殖するために手間暇を掛け、大事に育成されています。

漢方薬を餌に混合させるなどして、スッポンの滋養強壮効果を向上させているものもあるようなので、質の高いスッポンが育てられている分、スッポン自体の値段も高くなってしまうようです。

スッポンエキスはサプリメント等で

新鮮で高品質なスッポンを使うスッポン料理は、高額で一般の方にはなかなか手が出ません。

精力増強や滋養強壮のためにスッポンを試してみたい方は、良質なスッポンから有効成分を抽出したスッポンエキスを用いたサプリメントや、栄養ドリンクを利用すると良いでしょう。