トンカットアリの副作用

トンカットアリは用法用量を守って正しく摂取しましょう。

トンカットアリ自体には、危険な副作用といった心配はありませんが、個人の体質的に合う合わないといったことはあります。ですので服用後に身体に違和感を持つようになった場合は、即座に摂取を中止してください。

気候や土壌などの関係から、トンカットアリの栽培は非常に難しいとされており、現在市場に流れているものは、全て現地の熱帯雨林で採集されている天然モノになっています。

全て天然モノなので、科学肥料や農薬を使わない栽培方法により、多くの薬農野菜などよりも身体に害を来すことが少ないかもしれません。

ですが、多量の栄養素が多く含まれていますので、サプリメントの制限などを医師から診断されている方はしっかりと確認してから服用を始めることが大切です。

またテストステロンが増加するため、「渋滞や長い列」などにイライラしたりする可能性がありますのて、少しだけ注意してください。

過剰摂取による身体的異常にも注意が必要です。トンカットアリを1日辺り1200mg以上摂取した場合、肝臓に障害が発生することが確認されていのす。

トンカットアリの接種には、販売各社に定められた通りの用法用量を守って、正しいサプリメント習慣を行ってください。

ちなみに、トンカットアリをそのまま食べるとすっごく苦いの。どれくらい辛いのかというと、日本では薬事法で禁止されている「キニーネ」という劇物があるんだけど、辛さがその50倍で、天然に存在する食べ物の中で最も辛い食品の一つなの。この辺も日本で高品質なものが発売されていない大きな要因のうちの一つなんだよ。劇物中の劇物だから仕方がないのかな…。

アメリカ食品医薬品局からの注意勧告

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、トンカットアリはサプリメントや添加物として使用するのはあまりに危険だということで、製品化を中止すべきだと主張しております。

その理由は、トンカットアリのサプリメントの殆どは、トンカットアリではなく違法な成分や類似品、人体実験をしていない商品であると指摘されており、2009年2月には30種類ほどの精力サプリメントに対して警告、調査などを行っていますが、一部の商品はそれを無視して販売を続けています。特にアメリカからの輸入品がこれに該当します。

2008年のFDAによる調査では、14,000以上のトンカットアリの名をかたった違法な製品を中国で発見しており、今なおこういった現状は続いています。

現在、インドシナは経済発展が著しいですが、その影響で環境汚染なども深刻化しております。トンカットアリの品質検査を実施したところ、全体の36%が法律で定められた以上の水銀が検出されるなどの問題が発生してきております。

このように、世界で一番サプリメントに厳しいアメリカですらトンカットアリに関してはこれが現状だ。水銀などが混じった商品を中国のマフィアが購入。それを適当に処理して第三国を通じて中国製と隠して販売するという事例も存在しており、大きな問題ともなっている。

トンカットアリ自体もそのまま食べた場合、規制されている劇物以上の刺激を与えるものであり、まともに扱っては食べることも出来ないので、エキスにして販売するんだが、その技術も一部の職人以外は品質がいいとは言いにくい。こんな状況だとトンカットアリを使うのはやめておいたほうが無難だと思うぜ。