亜鉛とは

亜鉛は身体にとって必要不可欠な存在

亜鉛は人間が生きていくうえでの必須微量元素であり、人体における酵素の構造形成・維持の元になっている成分です。

亜鉛によって作られている酵素は、味覚や精子形成、小児の成長などに深くかかわっています。そのため体内では様々な体組織に含まれており、そのなかでも特に多く含まれているのが精液の中と言われています。

クラチャイダムといった、精力増強効果のある素材に特に多く含まれていることで有名な亜鉛ですが、必須ミネラルとして身体において様々な生理的役割を担っています。

亜鉛の体組織中の役割

  • 身体酵素の活性化
  • 精子の生成促進
  • 免疫力の増強
  • 身体的組織やキズの修復、新陳代謝・活性酸素の除去
  • タンパク質の合成、細胞分裂の促進効果
  • ホルモンの分泌促進

亜鉛は上記のような役割を担っており、近年では精子の生成やホルモンの分泌を促す効果が注目され、男性の勃起不全(ED)改善効果が期待されています。

その一方で、現代の日本人の食生活では亜鉛が不足しやすく、亜鉛不足によって様々な身体的悪影響が起きることが懸念されています。

亜鉛欠乏症で起きる症状

  • 免疫機能の低下
  • 味覚障害
  • 精子量の減少
  • 貧血
  • 皮膚炎
  • 甲状腺機能の低下

体内の亜鉛が不足してしまうことにより、上記のような症状が発症する恐れがあります。

特に、精子量の減少や精力減退といった総合的な男性機能の低下が予想されるので、勃起不全(ED)の自覚症状をお持ちの方は、亜鉛を多く含む健康食品・サプリメントなどを利用し、積極的に亜鉛を摂取すると良いでしょう。