亜鉛サプリメントの最も効率のよい飲み方

今回は亜鉛サプリメントの最も効率のよい飲み方について説明させてもらいますね。

精力増強や健康維持などで、人体には欠かせない亜鉛ですけど、吸収効率がとても悪い成分とも言われています。

そこで、亜鉛サプリを使用する際、「どのように」、「どのタイミング」で飲むとより体内への吸収率が高まり、効率的に亜鉛の効果を得られるのかを調べてみました。

あなたはちゃんとした亜鉛のサプリを服用できていますか?

亜鉛サプリはいつ飲むのがベストなのか

亜鉛の飲み方について様々な意見を見かけましたが、一番理想とされるタイミングは「食後」のようです。

また、吸収率を高める作用のある、「クエン酸」「ビタミンC」と一緒に飲むのが効果的です。もし亜鉛のみを配合したサプリメントを使用してるのであれば、ビタミンやクエン酸を豊富に含むフルーツなどと一緒に摂取するのが理想的ですね。

食後に亜鉛を摂取する場合に注意しておいて欲しいことがあって、お米やパン、インスタント食品などに含まれている、「フィチン酸」と呼ばれる成分があるのですが、このフィチン酸は亜鉛との結合力が非常に強く、結合すると体内に吸収される前に体外へ排出されてしまうという特徴があります。

なので、食後はこのフィチン酸の影響で亜鉛の吸収率が低下するとも言われてますが、ビタミンやクエン酸といった吸収率を高める成分と一緒に飲めば、フィチン酸の影響を受けにくくすることも可能です。

また、空腹時に亜鉛を飲むと、胃に負担がかかり吐き気を催したり、胃痛や不快感を感じる可能性があるので、出来るだけ避けたほうがいいでしょう。

せっかくの亜鉛サプリも使って気分が悪くなるなら意味はないよね

亜鉛サプリを使う時はフルーツと一緒に食べることをおすすめするよ。

亜鉛サプリの飲み方

亜鉛サプリを一度にまとめて飲むと、胃に負担がかかってしまう恐れがあるので、複数回に分けて飲むことをオススメします。1日4粒を飲む必要があれば、朝食後に2粒、夕食後に2粒といった具合ですね。

ただ、複数回に分けることで飲み忘れてしまうという事もあるので、その場合は時間を決めるなどして、自分に合った飲み方をするのが一番と言えます。

実際に亜鉛を摂取するときは、素直に水で飲むようにしましょう。カルシウムが大量に含まれている「牛乳」や、タンニンやシュウ酸といった亜鉛の吸収を妨げる「コーヒー」で飲むのはオススメしません。

亜鉛は肉類、魚介類、穀類など日常よく口にするものに含まれているので、意識しなくても毎日体内に取り込んでいます。そのため、亜鉛サプリメントを定期的に服用してるのであれば、過剰摂取に注意する必要があります

過剰摂取を避けるためには、食事に合わせて亜鉛の摂取量を調整するのが理想的ですが、毎日、亜鉛の量を計算して献立を立てるのは大変だと思うので、「牡蠣をたくさん食べた日は、亜鉛サプリの量を減らす」といった心がけでも十分だと思います。

サプリメントも飲み方はお薬と一緒です。用法・容量を守って朝と夜にお水かお湯で飲みましょう。

また、焼き肉やバーベキュー、旅行で海鮮料理を食べたときは亜鉛サプリは控えめにしましょうね。

亜鉛の摂取方法まとめ

色々と紹介してきましたが、亜鉛サプリを日ごろから使ってるのであれば、飲み方やタイミングなどをそれほど気にしすぎる必要はないと考えています。亜鉛を摂取していない人と比べてれば、それだけでも効果がありますからね。

むしろ、体内の亜鉛はストレスを感じるだけでも減少してしまうので、神経質になりすぎて逆にマイナスになってしまう可能性もあります。なので、過剰摂取にだけは気をつけつつ、最低限の毎日継続して亜鉛を摂取することを目標にするのもいいかも知れません。

一番いいのが、「亜鉛」そのもののサプリではなく、亜鉛やビタミンCがバランスよく配合されたサプリメントを服用することがベストでしょう。

亜鉛サプリは気を付けないといけないことがいっぱい。

どうせなら亜鉛しか取れない「亜鉛サプリ」じゃなくて、亜鉛やビタミンCなどがバランスよく配合されたサプリメントを使うのが一番だよね。

たとえば、コレとかが当サイトで最もオススメ♥だよ