亜鉛とアスタキサンチンでぐっすり睡眠改善!

カテゴリ:亜鉛

公開日時:2014-06-10

更新日時:

亜鉛は人体にとって非常に重要な成分で、精力増強・やる気回復と深い関係があるのはもちろんのこと、その他にも様々な場面で活躍しています。その回復効果は何も元気を沸かせるだけじゃなく、休息にも効果があることがわかりました。

生きていくうえで絶対に必要な休息手段である「睡眠」。これを改善し・効果を高めることでより精力・体力を回復できますよ!!

亜鉛とアスタキサンチンで睡眠の質が高まる!

富士フィルムとバイオサイエンス研究所との共同実験により、亜鉛には高い「睡眠改善」の効果があることがわかりました。=>富士フイルム株式会社より

マウスに対して亜鉛の投与実験を行ったところ、眠りが深い状態である「ノンレム睡眠」の時間が2倍以上に増加したとのことです。

また、「アスタキサンチン」と呼ばれる非常に抗酸化力が強い成分と亜鉛を同時に摂取すると、ノンレム睡眠の時間は3倍以上になったそうです。

亜鉛の摂取やアスタキサンチンと組み合わせることで、何故、睡眠の質が高まるかの明確なメカニズムはまだ解明できていませんが、脳内の睡眠をつかさどる領域に、なんらかの作用をしてるのではと推察されています。

アスタキサンチンってそもそも何?

一言で説明するなら、トマトやカニ、鮭の赤身など「赤い色素」ですね。

ただし、赤い食べ物すべてに含まれているのではなく、「火で炙っても赤いままなもの」がアスタキサンチンです。なので、マグロの赤身などにはアスタキサンチンは含まれていません。

科学的な話わ少しだけしますと、アスタキサンチンはβカロテンの仲間です。おもな仕事は老化の原因である活性酸素から細胞を守ることであり、これらをしっかりとるとメタボの予防や疲労回復、目の病気の予防になります。

繰り返しになりますが、なぜアスタキサンチンがなぜ亜鉛と一緒に飲むと睡眠効果が高まるのかはわかっていません。

レム睡眠とノンレム睡眠について

睡眠には主に2種類あり、寝てるときに「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という周期を、約90分ごとに繰り返しています。

レム睡眠は眠りが浅い状態のことで、脳が活動しているので夢を見やすかったり、この状態で起床すると、すっきりと目覚める事が出来るタイミングです。

ノンレム睡眠は、深い眠りの状態のことで脳も身体もしっかり休んでる状態です。

亜鉛の睡眠効果と精力の関係性

精力の減退と体の疲れには当然ながら大きな関係があります。

睡眠の質を上げることで体の疲れが効果的に取れると、それがそのまま精力増強につながるとも考えられます。

亜鉛を効果的に摂取して、多方面から全身の改善を図り、精力増強につなげていきましょう。